2018年10月25日

たった一日の私のお友達

シアは閉じ込められているという考えがない上に、オルフェはシアをただの引きこもりくらいにしか思ってなかったので簡単にシアを連れ出して綺麗な場所へ連れて行くシーン。

オルシア

遊んだ後、オルフェは喘息発作みたいなのでラッテル町へ再度入院する事になったり、シアは罪もないのに処刑されてしまうお話が浮上する感じに発展するのですがそこは、シアの両親やらセイレーン(この頃はまだセイレーラ)が奮闘するけどシアがわけわからんくなって暴走したりするのです…

RPGツクール2000で作った体験ゲームで母親とシアが走って逃亡しているシーンがあるのですが、あれは、その暴走が終わったあとの事だったりする。ちなみに父親はすでに死んでしまっているけど母親は必至にシアに声をかけ続け走っています。

シアが父親の死を知ったのは、母親が病に倒れる前でわりと最近知った感じです。発掘調査の落盤で死んだことにされています。実はソランティア地方ではよくある話で埋まった死体を掘り起こすのも二次災害があるので禁止されてるのでわりと都合がよかったりする。(私の創作事情も含む)

ですので、メイメルのご両親のお墓って慰霊碑はあれど、ないんですよ。お墓…
posted by みつなだてん at 23:17| Comment(0) | 創作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。