2018年05月19日

ノア語り

そういえば、ブログでうpしてなかったノア。

ノア

ついでにノア語り。
ノアは、リイシイと一緒にユラママのお腹から出てきた…って訳でもない。
リイシイが生まれた後は、まだお腹の中にいてそれなりの時間差で産まれました。
もともと双子で産まれると想定出来ないというか、させないように色々と幻覚だったりそういうものを使っていたユラママ。
でも、まさか出てきた子、リイシイが産まれた段階で自分ユラママの魔力量を越えている事までは、何も想定してなかったので産まれて安心する時間なんて当然なくて、とにかく城の主導権を有耶無耶にさせる事で精一杯でした。そりゃ出ようとしたノアもビックリして引っ込んじゃいますわ。

そうこうしてたら、「あ、ヤバイ。まだ何か中にいる…」って感じで気合いで産んでパパさん必死に出しましたよ。
っで、「どうすんのこの子…」ってなって、とりあえずとある夫婦に預ける事になったっていう。
その後もパパさんは気になっていてたので、自分は庭師で妻を早くに亡くして面倒が〜っていう嘘並べたわけです。
預けた夫婦の設定は深く考えてませんが、城の門番でもして定年した人たちだと思う。
リイシイが一度失踪して5年経ってるから、この世にもういないかもしれませんねぇ。
くらいしか考えてないけど、それなりに考えてたわ。

産まれたノアは、魔力は平均だったりする。魔族の血縁を考えるとむしろないに人等しいかもしれない。
リイシイがほとんどお腹の中で成長する段階で持って行ってしまった感じ。
義務教育はだいたい10歳くらいなので、ノアはそのあと、父と同じ職につくという形で、執事育成的なそういう機関で訓練されたと思います。ノア的に特に希望もなかったのでわりと流されるまま就職しました。
10歳までは、街の子供とそれなりに悪さしてそれなりに遊んでたと思うけど、両親の話になると困るのでそんなに深くは関わったりしなかったのです。

就職して、ハルとエトラに出会って、ハルに色々と教わりました。ルームメイトはハルです。
ノユリもほぼ同時期に城に入ってきました。ノユリとノアは当時は不仲で喧嘩ばかりしてました。
でも、能力的に競ったりしたので、お互い成長は早かったと思いますね!
ノユリは、お嬢様枠で姫様のお遊び相手からのメイドだったので、他のメイドから気を遣われたり最初されてたのでノアだけが対等に扱ってたからノユリはそれはそれで救われてたんでしょう。今では、まぁ、それなりに仲良し。

そこからユラ改めリイシイとノアは出会うのです。
リイシイ的には、同い年の子は大変珍しく、すぐに惹かれたわけですがノアはお相手せず。
意識しだしたけど、もうその頃は色々な意味で何かもうアレでした。
posted by みつなだてん at 16:49| Comment(0) | 創作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。