2018年05月16日

センカとカルファ

立ち絵を先日描いたので、ついでにダラダラおしゃべりしたいと思います。

センカとカルファ
とりあえず、センカ(719)とカルファ(22)。
努々ガラクタ通りAだと、センカ(714)とカルファ(17)って事になります。

努々ガラクタ通りDになると愛涙の時間軸に飛び込めそうですが、わからないです。
ダラダラと日常が続くかもしれないし、いっきに時間が飛ぶかもしれない。
でも、描くところを考えると、一気に飛びそう…。

カルファとメイメルは、同い年ですよ☆

『カルファがカルナトールで商売をするって事で常識やら営業について教えてやって欲しい。
お前も他所から来て大変だったところを教えてやればいいからー』って感じでセンカを紹介したであろう設定。
カルファは器用に世渡りできる系なので、わりすぐに学べる事を学んで卒業?していったはず。
その辺の術を教えるキャラは、誰だろう?と思っていたのでカルナトールでの城下でのお話を描く段階でそういうキャラは欲しいとその辺はすでに決めていました。

教えるにあたり、最初はメイメルから普通に考えていたのですが、異国を知るには異国のキャラが主人公の方がいいよねって事で早い段階からメイメルは異国キャラ設定になっていったはず。
その異国を教えるキャラもやはり、外から来た人の方がいいよねって事で、イチカの元側近に白羽の矢が立ちました。あと白髪で賢そうなキャラ美味しい(

そして、地味めな主人公キャラはカルファとの接触がある段階を予測した時にすでに出来ていました。
遊びたい系じゃなくて、育てたい系でいきたい…って…

個人的に茶髪キャラは、毎度毎度愛着が湧ないものだったのですが、最近ようやくメイメルに愛着湧き始めました。今頃?はい、今頃です。それもこれも私の脳内センカはうちの店員は可愛かろう?って訴えてきてくれているお陰です。センカってそういうキャラではないんですけどね。
あ、でも、独占欲はそれなりにあります。人の事も何だかんだで好きです。賑やかな場所も好きです。ただ騒がしい場所は嫌いです。なんて我儘な性格…!

めちゃ色々、語ったけど、結局何が言いたかったのか、落ちがない。
posted by みつなだてん at 15:18| Comment(0) | 創作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。